「がんばれない」けど「がんばりたい」

ITエンジニアの仕事のこと。AI、機械学習、ディープラーニング。地頭力。車のこと。

フレームワーク思考 #3 〜分類したら分解?〜

f:id:studio23c:20171018020434j:plain


フレームワーク思考のステップの3つ目と最後のステップ4つ目の事を書いていこうと思います。ステップ1「全体を高所から俯瞰する」の記事の冒頭でも書いた通り、

studio23c.hatenadiary.jp


分解力には前記事の『分類』『分解』があります。

続きを読む

フレームワーク思考 #2 〜最適な切り口で切断し分類する〜

f:id:studio23c:20171016220313j:plain


前回の続きです。前回記事は

studio23c.hatenadiary.jp



フレームワーク思考のステップ2。ステップ1は「全体を高所から俯瞰する」でした。相対的座標軸ではなく絶対座標系を定義し、自分(または組織)の思考の癖を取り除くことが目的でした。

この次のステップは、絶対座標軸で全体を俯瞰した課題に対して「最適の切り口で切断する。」ことを行います。

続きを読む

フレームワーク思考 #1 〜全体を高所から俯瞰する〜

f:id:studio23c:20171016023446j:plain

 
前回の続き。

studio23c.hatenadiary.jp


地頭力』を構成する思考力の1つである『フレームワーク思考』について書いてみようと思います。フレームワーク思考は、4つのステップに分かれているので、この記事では、最初のステップに当たる『全体を俯瞰して考える』について書いてみます。
* 他ステップについては別記事で書く予定です。

続きを読む

ベクトルを逆転して考える

f:id:studio23c:20171012213829j:plain

  • 地頭力』との出会い
  • 『ベクトルを逆転して考える』とは?
  • 『ベクトルを逆転して考える』の例え
  • 「始め」からではなく「終わり」から考えること。
  • 「手段」からではなく「目的」から考えること。
  • 「自分」からではなく「相手」から考えること。
  • 「売れないセールスマン」にならないために。
  • まとめ


地頭力』との出会い

エンジニアとして、
社会貢献って、どうやったらいいのかな。。や、
プレゼンテーションを社内でやった時に『伝えるとは?』って難しいと実感したりして。。

続きを読む

『仮面ライダーWで学ぶDevOps』を読ませてもらってレンタルしてきた。

f:id:studio23c:20171009001409j:plain


長沢智治さんの記事「仮面ライダーWで学ぶDevOps」を、つい先日拝見した。

nagasawa.blog


世の中のITに関わっている方の中にも、DevOpsっていう言葉は知っているけど、説明を求められたら・・・な人や『そもそもDevOpsって・・』っていう方は、是非、読んでみたら良いですよー。

続きを読む