「がんばれない」けど「がんばりたい」

ITエンジニアの仕事のこと。AI、機械学習、ディープラーニング。地頭力。車のこと。

トレーニング|相手からの返答後、相手が心で思っていることを想像する

相手に話しかけたり、部下に指示を出したり。

 

「〇〇くん、このコピー取っておいて!」

「はい、わかりました。」

 

この後、〇〇くんは、コピーを取りに行くでしょう。

コピー機の方に行きながら、〇〇くんは、どんな事を

心の中でつぶやいているかって、

想像し考えてみるトレーニングを日常から行う。

 

(なんで、俺がコピーとらないといけないんだよ・・)

(えっと、コピー機って、どこだったっけ・・)

 

想像なので、100%当たってるとは限らない。

けど、話しかけた時の表情や、声のトーンから、想像する。

そうすると、、続けてフォローしたりすることができるかもしれない。

 

「あー。ほら、今回の発表資料って、クライアントのお偉いさんくるじゃん。」

「〇〇くんにコピー頼むと、ホッチキスの止め方とか、いつもきちんと揃ってるし、紙もズレてないから、今回のコピーは、〇〇くんがいいなって思って頼んじゃったw」

 

みたいに。

 

そうすると、

〇〇くんは、心のモヤモヤが取れるかもしれない。そして信頼に繋がる。

自分の本音を伝える〜ニーズ〜|『本音で話す』ための其の3(4/5)

f:id:studio23c:20171213011838j:plain


自分の本音を伝える4ステップのNo.3(/4)
ニーズについて。
ニーズについては、結構、いままでの記事で話ししてきました。

goo.gl
詳しくは↑。
ニーズは、その人の本音とイコールであって、そのニーズに気づくためには、
感情がキーになります。

「どうして、この感情が生まれたんだろう」と考えるとニーズに気づける。
のだけれども、この想像をする時「べき」という考え方が顔を出すことがある。

続きを読む

自分の本音を伝える〜観察〜|『本音で話す』ための其の3(2/5)。

f:id:studio23c:20171122011007j:plain


前回記事で『自分の本音を伝える』の全体像ステップ4つをざっくり紹介しました。今回は、そのステップのうちの1つ『観察』について。

前回記事はこちら。

t.co

続きを読む

自分の本音を伝える〜本音を伝える4ステップ〜|『本音で話す』ための其の3(1/5)

f:id:studio23c:20171117003031j:plain

『本音で話す』シリーズの最後です。これまでを復習すると、

  1. 『自分の本音』に気づく
  2. 『相手の本音』を知る

ざっくり言うと、この2つでした。

そして最後は『自分の本音を相手に伝える』。です。

続きを読む