「がんばれない」けど「がんばりたい」

ITエンジニアの仕事のこと。AI、機械学習、ディープラーニング。地頭力。車のこと。

『本音で話す』ための其の3-1/5。自分の本音を伝える〜本音を伝える4ステップ〜

f:id:studio23c:20171117003031j:plain

『本音で話す』シリーズの最後です。これまでを復習すると、

  1. 『自分の本音』に気づく
  2. 『相手の本音』を知る

ざっくり言うと、この2つでした。

そして最後は『自分の本音を相手に伝える』。です。

続きを読む

『本音で話す』ための其の2。相手の本音を聞く|ステップ3「ニーズを想像したずねてみる」

f:id:studio23c:20171103020455j:plain


『本音で話す』は次の3つで構成されます。

  • その1|自分の本音に気づく
  • その2|相手の本音を聞く
  • その3|自分の本音を伝える

その1はこちらの記事を。

goo.gl
前記事では、その2|『相手の本音を聞く』で3ステップのうちのステップ2である『相手の感情をたずねる』について書きました。今回は『相手のニーズをたずねる』について書きます。『相手の本音を聞く』は、このステップが最後になります。

続きを読む

『本音で話す』ための其の2。相手の本音を聞く|ステップ2「感情を想像し、たずねる。」

f:id:studio23c:20171030204740j:plain


『本音で話す』ための其の2。相手の本音を聞くためのステップ2/3になります。


まずステップ1のおさらいを。

goo.gl

  1. とにかくテプレコーダーになったつもりで相手の話しを聴くことに集中し、
  2. 聴いたことを相手に同じ言葉を使いながら伝え返すして、
  3. 信頼を得る。

でした。


次のステップ2は自分のニーズを得る時と同じく相手のニーズに迫るためにステップ1で聴いた話しで相手が感じている『感情』を探っていきます。

続きを読む

『本音で話す』ための其の2。相手の本音を聞く|ステップ1話しを聞いて受け取る

f:id:studio23c:20171029162208j:plain


『話す』ことって、いったい何のために話すのか?について、前記事で書きました。
前記事では、【『”自分が”話す』ことは】っていう主語が自分でした。

goo.gl

話す理由は『自分が必要としているものを手に入れるため』で、その必要としているもの=ニーズが自分の本音だと。

そこでさらに「話す」ということは、相手がいるっていうこと。じゃぁ相手も「話す」んだから、相手も相手のニーズ(本音)があって話す。。今日は、その相手の本音って、どうやったら分かるのかなっていうのを書いてみようと思います。

続きを読む

『本音で話す』ための其の1。本音に気づく。

f:id:studio23c:20171027000328j:plain


人に何かを伝えることって難しい。否、難しくはない。難しいと決め付けているのかもしれない。とにかく、話すことって難しい。表現方法は”コミュニケーション”とかプレゼンテーションなどなど。日常会話もそうだし。話す時って、その人の考えがアウトプットされることなので、”話す”は頭の良さにも関係する…と勝手に思っている。

 

続きを読む