「がんばれない」けど「がんばりたい」

ITエンジニアの仕事のこと。AI、機械学習、ディープラーニング。地頭力。車のこと。

Raspberry Pi 2でLチカ

Raspberry Piの記事はネットに色々と転がっているが、そのまんま やってみても、ん?って動かないところがあったりするので、自分向けに勉強も兼ねて記事にシテいきますの第1弾。

参考URLはhttp://deviceplus.jp/hobby/raspberrypi_entry_009/


課題

  • Lチカ

    • LEDをチカチカできるようになる

キーワード

  • ブレッドボード
  • GPIO


配線

  • GPIOの一番左下が5V供給部分。ブレッドボード側に挿して、同列に抵抗

  • 3.3Vの電流が抵抗を通って、少し小さい電流になって、LEDのプラスに流れ込みます。なので、LEDの足が長い方が+なので、このように配置します。

  • LEDの足が短い方がー(マイナス)になるので、それをRaspberryPiのGPIOの左から3つ目の上側に挿します。この3番目の上側はGND(グランド)なのです。他にも5番目と、もう1つ、GNDなところがあるので、そっちに挿してもOKです。

  • つなぐと、LEDが点灯状態になります。

r_01_01


点灯状態をコマンドで制御

  • 配線をちょっと変えます。GPIOで一番左に挿していたのを外して、1つ横のところに挿し直します

r_02_pin

  • この挿し直ししたところはGPIOの2番目ポートとして設定されています。ちなみにGPIOの番号配列は、以下のよーになっています。なので、このGPIO2に対して値ON/OFFを書き込むことによってLEDの点灯状態を変更することが出来るのです。

r_01_pin

  • GPIO2のデフォルトは通電状態なので、3.3V Powerからジャンパー線をGPIO2に差し替えてもLEDは点灯状態です。


GPIO2を制御

コマンドラインからGPIO2を制御してみます。

1)GPIO2ピンを有効化します

echo 2 > /sys/class/gpio/export

  • 2はGPIO2を示す
  • ちなみにexportファイルに2を書き込むと/sys/class/gpio/直下にgpio2フォルダが作成されます

2)GPIO2ピンを入力・出力 どちらで使用するかを決めます。今回はGPIO2ピンから指令を出すイメージ=出力

echo out > /sys/class/gpio/gpio2/direction

* directionファイルにoutを書き込むことでGPIO2は出力モードとなります

3)GPIO2をON/OFFしてみる

  • 1がON、0がOFF
  • valueファイルに対して書き込みする

echo 1 > /sys/class/gpio/gpio2/value
echo 0 > /sys/class/gpio/gpio2/value

4)やめるときはunexportファイルに書き込みする

echo 2 > /sys/class/gpio/unexport