「がんばれない」けど「がんばりたい」

ITエンジニアの仕事のこと。AI、機械学習、ディープラーニング。地頭力。車のこと。

CSCW 2017に参加 #6 2日目:セッション

セッション2日目。
今日は12$する朝食はやめて、ホテルロビーのタダ飯を食べる気で朝を迎えました。

 [ Uber ]
Uber呼んで(頂き)会場へ。
今日は何に出るの?みたいな話しをしているうちに、会場へ。

Uber。。アメリカ来てアプリDLして登録したのですが、前回のポストでも書いたよーに、wifiじゃなくて、電話番号認証が必要なんですよ。。

なので、1日目寝る前に、ちょっとだけ、ローミングでつないでみたのですが、認証成功のメール届かず・・いろいろ触っているうちに、アプリの設定にHelp的ページがあったので、そこから、問い合わせだけ送りました。


[ MacBook ]
あ、、今回はMacBookPro15 Retinaを持ちこんで、議事録を取りながら!と思っていたのですが、皆さんへ1つ。PCは極力軽いものを! メモを取れればいいので。こういう、ちょっとした経験が更に次へ生きる。MBP15も結構軽くはなったのですが、カバンに入れて移動となると、結構出し入れもめんどくさいっすよ。


[ セッション ]
肝心なセッションの話しが始まらないなと、思われた方へ・・
この日、参加したセッションは以下になります。

=====
★9:00 - 10:30
【部屋テーマ】
Models & Language in Work & Investment

1) Fruitful Feedback: Positive Affective Language and Source Anonymity Improve Critique Reception and Work Outcomes
実りのフィードバック:正感情言語とソース匿名批判受信状態を改善し、作業成果

2) Algorithmic Mediation in Group Decisions: Fairness Perceptions of Algorithmically Mediated vs. Discussion-Based Social Division
グループの決定におけるアルゴリズム調停:ディスカッション・ベース社会課対媒介アルゴリズム的の公平性に対する認識

3) Using the Model of Regulation to Understand Software Development Collaboration Practices and Tool Support
ソフトウェア開発コラボレーションプラクティスを理解するために規制のモデルを使用し、ツールのサポート

4) Empowering Investors with Social Annotation When Saving for Retirement
退職のために保存するときの社会的注釈を投資家にエンパワーメント

==
★ 11:00-12:30
【部屋テーマ】
Tracking Activity & Health

5) A Park or A Highway: Overcoming Tensions in Designing for Socio-emotional and Informational Needs in Online Health Communities
公園や高速道路:社会・感情的のための設計に緊張を克服し、情報はオンライン健康コミュニティにニーズ

6) Assessing Behavior Stage Progression From Social Media Data
ソーシャルメディアデータから行動ステージ進行を評価

7) Computational Approaches Toward Integrating Quantified Self Sensing and Social Media
計算を定量セルフセンシングとソーシャルメディアの統合に向けての取り組み

8) Participant Driven Photo Elicitation for Understanding Activity Tracking: Benefits and Limitations
参加者は、状況の追跡を理解するためのフォト顕在化を主導:利点と制限事項

==
★ 14:30-16:00
【部屋テーマ】
ICT4D

9) Notes on the Concept of Data Interoperability: Cases from an Ecology of AIDS Research Infrastructures
エイズ研究基盤の生態からの事例:データの相互運用性の概念上の注意

10) When the Internet Goes Down in Bangladesh
インターネットは、バングラデシュでダウンした場合

11) Mobile Phones as Amplifiers of Social Inequality among Rural Kenyan Women
農村ケニアの女性の間で社会的不平等のアンプとしての携帯電話

=====

まず2日目のセッションなのですが、全体的に理解できず。。全滅ですw

「英語が聞き取れない」ではなくて、内容についていけない。。

ちょっと具体的に振り返って見ます。

午前中のModels & Language in Work & Investmentから夕方にかけて、この日に私が聴いたセッションは、
Work & Investment 。。
いろんなデータから分析・推測して仮説をたてた上での単なる調査結果。

ぶっちゃけ理解できないというのを、もう少し丁寧に書くと、
発表者が分析するにあたって、
取捨選択したデータ(モデル)が専門過ぎていて、
「そんな言葉知らんし・・」状態。。
 
「こんな発表もあるんだ・・」という経験になりました。。
リサーチ結果と言えばわかりやすいかもです。
結果とか評価とか。そういうイメージ。
 
途中, Hさんの助言もあったのですが「Models・・」と書かれてあるとおり、
モデルなんです。モデルの理解と、その発表形態の想像が出来ていなかった・・です。

今回はチョイスのミスだったのかもしれないですが、
仮に、他の発表内容も、わからない専門分野 だったりした場合は、
どうすればいいのだろう・・
1つは、この日をスキップして、
街に繰り出すのもありなのかもと思いました。

国際会議に関わらず、
その地域で学べることは、他にもあるはず。
旅立つ前に、こういう事も加味して、準備しておくとベターなのかもですね。