「がんばれない」けど「がんばりたい」

ITエンジニアの仕事のこと。AI、機械学習、ディープラーニング。地頭力。車のこと。

CSCW 2017に参加 #7 2日目の夜: Conference Banquet

2日目のセッション終了。
この日はConference Banquet(宴会)が夜から行われました。
開催場所はポートランド・アートミュージアムを貸切
太っ腹です!

セッション終了後からBanquetまで、微妙に時間があいたので、

ホテルで小休止。
 
ホテルからミュージアムまでは徒歩で約15分くらい。
てくてく歩いていくと、それらしきところに。。
着いたのですが、入り口がわからない。
 
いや、入り口ぽいところは見つけたんですが、
ドアが開かない。

でも他に見当たらない。ここじゃないのか・・とウロウロしていたら、
同じダミー入り口のところで、まよっている4、5人のグループを発見。
 
おれ:「あんたら、CSCWの人?」
迷人:「おー!そーそー。入り口がわからんしw」
おれ:「あー。おれもー」
迷人:「んじゃ、一緒に探そうっかー」
 
っていうノリで、探し始めること10分。
なんと、バンケット入り口は、隣の建物でした。。
わかりにく。。
 
エレベータで上の階へ。
クロークで荷物を預かってもらい、
会場へ。
 
なななななんだー!
巨大なステージにビッグバンド演奏

f:id:studio23c:20170704193446j:plain

 
食事もポートランドで有名なレストラン?のシェフが担当して作っているもの。
雰囲気に圧倒されながら、ビール片手に、うろうろ。
 
そしたらHさんが既に来ていて、
小さなテーブルで話ししている。。新手の日本人2人と。
若いお二人の、これまた、有名大学の准教授2名。(教授だったかな。。)
 
そのうち、お一人は、1日目のセッションで発表されたとのこと!
お二人とも心理学が専門で、Hさんとは難しい話しをされていました。。
なかなか、話しには入っていけず(というかHさん、話し始めると、止まらないw)
でしたが、そこへ1日目に出会ったH製作所の女性もJoin.
このタイミングで、HさんがHさんと話し始めたんで、
私は先に話ししていたお二方と。
 
私は学術的な立ち位置ではないので、
仕事の説明と、なぜ参加したかなどなどを聞いてもらいました。
そうすると、先生からは、
・文系人がIT(SE/PG)業界へ就職可能なのか? 会社側の文系人への印象は?
・社会全般の課題に対して、解決しようとする試みは、文系・理系や心理学とか、業界にとっては共通のことだよね
 
などなどをお話しさせて頂いたり、
私からも今の心理学を勉強している大学生は、
「課題解決方法の1つとしてITの力を利用することは、
 一般的なこととして学んでいるのか?」のような、
現状を質問させてもらったりと、
楽しい時間を過ごさせて頂きました。
 
としているうちに貸切ミュージアムだったことを思い出し、
美術館巡りをしましょーということに。
(久しぶりに美術館巡り・・)

f:id:studio23c:20170704193546j:plain

f:id:studio23c:20170704193611j:plain

f:id:studio23c:20170704193707j:plain

 
巡ったあとに、本日はお開きー。お二人の連絡先SNSと名刺を頂きましたー。
 
そのあと、たまたまミュージアムの入り口を一緒に探してたメンバー数人
入り口でばったり。。そして、ちょっとだけ飲みに誘われたので、着いていくことに。。
 
ただ、もう結構遅い時間(22:30くらい)で、
「明日最終日なんだけど、みんな大丈夫なんだろ〜か」と思いつつ、
適当な店へイン。

皆んな結構若くって、個々違う国から来た人ばかり。
というのもあって、話題は、カルチャーの話しで盛り上がりました。
 
で、遅くなってきたので(1時くらい)帰ろーと。
皆、明日、遅刻せんよーにって話ししてたら、
「あー。俺たち皆、明日は出席せんで、帰るんよー」と。
なるほど、だから飲めるのね(汗。。。
楽しかったー。