「がんばれない」けど「がんばりたい」

ITエンジニアの仕事のこと。AI、機械学習、ディープラーニング。地頭力。車のこと。

書評|『グーグルに学ぶディープラーニング』は、A.I.・機械学習・ディープラーニングなどの違いについて、ある程度、知っている人向け

f:id:studio23c:20170916221958j:plain


人工知能機械学習、データサイエンティストetc. がバズってて、私も!と思っているけど、何から手をつけたらわからない。

どの本から読んだらいいのか? 適当に書店でタイトルを見て「わかりやすそう」な本を読んでみたけどシックリこない。

という人が多いと思う。

そして昨今、ネット上で”これからは、機械学習ディープラーニングだ!”という記事も乱立しており、

「え!?、これ、あまり知識の無い人が読んだら誤解してしまうじゃん。。」というものがあったりして、若干イラっとしている。


機械学習の権威も無いし実績もない。
そして同じように昨年末辺りから本やセミナーなどに参加しつつ知識をためてきたりした人間なので大きな事は言えないが(苦笑。


そんな今日この頃を過ごしていますが、こちらの本。
A.I., 機械学習などのキーワードの意味すら解らず屋の

知ったかな人対象。

前提条件として、ある程度「たぶん、機会学習って、こういう意味だよね・・」くらいな知識は、持っている人。つまり入門レベルの本を1冊読んだくらいの人に是非読んでもらい1冊と思った。これらのキーワード・言葉の意味を正確に学ぶには、良書だと。


Googleの技術がすごいって事が1/3くらい盛り込まれているが、まぁそれはさておき。

 機械学習ディープラーニング」って思っている人や、「ディープラーニングニューラルネットワークが元で実現できるもの」と勘違いな人


さらに、業界人や人工知能をビジネルへ!と思っている人の中では、もう居ないと信じたいが(苦笑)、
A.I.鉄腕アトム(古いか・・) or 映画のターミネーター』の様な

人間と同じようなロボットやアンドロイドが出来ると思っている人には、 

この本は、まだ早い。

あまり個人的には、オススメしない。
そういう人は、こちらの本をオススメする。

コンピューターで「脳」がつくれるか

コンピューターで「脳」がつくれるか