「がんばれない」けど「がんばりたい」

ITエンジニアの仕事のこと。AI、機械学習、ディープラーニング。地頭力。車のこと。

『仮面ライダーWで学ぶDevOps』を読ませてもらってレンタルしてきた。

f:id:studio23c:20171009001409j:plain


長沢智治さんの記事「仮面ライダーWで学ぶDevOps」を、つい先日拝見した。

nagasawa.blog


世の中のITに関わっている方の中にも、DevOpsっていう言葉は知っているけど、説明を求められたら・・・な人や『そもそもDevOpsって・・』っていう方は、是非、読んでみたら良いですよー。

ツタヤで仮面ライダーコーナーへ。vol.1の1枚しかなかったのですが、借りて来ました。仮面ライダーwについては、長沢さんのポストで詳しく紹介されているのですが、

  • 2人で1人(の仮面ライダー
  • 全く性格の違う2人が1つの目的に向かう

このあたりがDevOpsをアナロジー思考仮面ライダーwに例えられる部分。

こんな気持ちを持って観ていると、製作者の出身がIT業界か?!(笑)と思ってしまいそうになったけど、否DevOpsの考え方を大きくとらえると、

協力って大事だよね』っていうことを子供達に伝えたいってことなのかと感じました。

あと、たぶん、これを側から子供と一緒に観ている親御さんの中には、『はっ!』とした人もいるのでは・・と思ったり。。

劇の中で主人公の2人が決め台詞として使っている言葉が、またかっこいいw。

『さぁ。お前の罪を数えろ!』(敵に対して)
『半分力貸せよ、相棒』


こんな感じで仕事していきたいですよねー。人生もw。

どっかにvol2以降レンタル出来ないかな・・普通に最後まで観たい!と子供の心を思い出しました。面白いよ!仮面ライダーw